HOME > 卒業生・在校生の声

卒業生・在校生の声

★川瀬獣医科病院勤務 瀬川 聡子さん 44歳
B級(トリミング応用コース) 卒業

専門学校卒業後、動物病院で看護師として働いています。
現在は、看護の他に病院マネージャーとして人事等の仕事もしています。

以前より、飼い主様のご要望で、年齢や病気のためにトリミングへ行けない子たちの介護トリミングを受けてきました。もっと可愛くカットをしてあげたいと思ったことをきっかけに、20数年ぶりにトリミングを一から学ぶ決意をしました。
『実技がメイン』
『仕事をしながら、休日を利用し通学』
『でも休みも欲しい』
『講師は現役トリマーさん』
これが私の学校選びの条件でした。
意外にも学校は簡単に決まりました。東京ペットビジネススクールは、『100%実技』のカリキュラムで、私の希望以上の学校でした。

毎回のレッスンは、基本的に1人1頭を担当し、決められた時間で仕上げていきます。少人数制なので、細かいところまで見る事も、教えてもらう事もできました。
1日6時間のレッスンは緊張感があり、立ちっぱなしで大変でしたが、とても楽しく充実していました。看護師とは違うトリマーさんのきめ細かい作業と、動物の保定は目からウロコでしたし、専門学校時代にはなかった、オシャレで可愛いカットも習う事が出来ました。
何度も何度も繰り返す、手を抜かない先生方の指導からは、基礎こそが重要で、この学校が基礎を大切にしているという事を感じました。
また講師の先生方がとても生き生きと楽しそうに、レッスンやサロンでのトリミングをしていたことが、同じ働く女性として印象的でした。

私の場合、週1回のレッスンでB級(トリミング応用コース)のライセンスを取得するのに1年以上の時間がかかってしまいました。しかし、この時間とライセンスは私にとってとても貴重なものとなりました。
同時に、トリミング以外にも先生方の熱心で的確な指導は、今後の後輩指導の良い見本になり、プロトリマーの技術とセンスを間近で見られた事は特別な体験で、将来トリマーさんを雇用する時にも活かせると思いました。

★奥住 祐美さん 39歳
A級(開業コース) 28年7月13日入学 現在在学中

『犬が好き、の気持ちで、残りの人生トリマーとして生きていく道を選びました!』

毎日、パートをして家に帰る毎日・・・
「人生一度きりなんだから何か好きなことすれば?」
以前から家族に言われていた言葉でした。
下の子供が小学生に上がるのをきっかけに自分探しを始め、犬が好き、の気持ちで残りの人生『トリマーとして生きていく』道を選びました。

まず勉強の仕方からわからず、通信教育・夜間制・全日制…パンフレットを取り寄せてトリミングを学ぶ学校を色々と調べました。そんな中、『実技中心』の東京ペットビジネススクールに惹かれすぐに見学に行きました。
どのコースで迷いましたが、やるからにはとことんやってみよう!と入学することを決意!萩原社長と相談し、A級(開業コース)で頑張ろうと決心し、次の日には教育ローンを組みに走りました。

土日祝祭日、平日はもちろん仕事をしながらでも好きな日にちを選んで学べること。
少人数制、現役トリマーさんの指導、実技中心のレッスン、一人一頭担当制、トリミングサロン併設なので店の雰囲気も感じられる、というのは私にとってとても魅了的でした。

私は現在C級(トリミング基礎コース)を経てB級(トリミング応用コース)を勉強していますが、C級の基礎が本当に大事なんだな…と毎回感じています。

一般のお客様からお預かりしたワンちゃんを担当するので、保定の仕方もそれぞれ。
上手く扱えないことも多いのですが、少人数制のレッスンなので講師にすぐ質問でき、その場でわかるように説明や見本を見せてくれるのでとても勉強になります。

爪切り、足裏の毛のバリカン、耳掃除、肛門腺絞り、パットのバリカン、お腹のバリカン、肛門周りのバリカン、シャンプー、ブロー、ブラッシング、スリッカーの動かし方、足先の毛の整え。
講師の方から教わったことは、メモを取ったり、家に帰って実際に我が子で復習したり、次回に繋がるよう繰り返します。

レッスン日が待ち遠しく、当日は『今日の担当のワンちゃんはどんな子かな?』とワクワクしながら毎回レッスンに通っています。

卒業後の夢は『サロン開業』ですが、まずはトリマーとして転職し、お客様のワンちゃんたちを可愛くカットしてあげたいです。

★中出 千穂さん 38歳 
B級(トリミング応用コース) 28年12月11日入学 現在在学中

『将来の夢は自宅開業です!』

私が東京ペットビジネススクールを選びましたのは、将来何か自宅で仕事がしたい!と思っていた中、犬を飼い始め、その可愛さに、自分でトリミングがやってみたい!そして
できたら、主人が休みの週末に子供を見てもらい、自分の可能な時間に自宅サロンやワンちゃんと触れ合える仕事をしてみたい!と思ったのがきっかけでした。

スクールへ実際に通い始め、たくさんのワンちゃん(モデル犬)と出会えて幸せです。
反面、それぞれの性格がありその子にあった対応の難しさを日々痛感しています。
気性の荒いワンちゃんが担当のレッスンの日や、保定が上手くできず怪我をさせてしまった日には、自分には不向きなのだ…と気分が落ち込むときもありますが、講師の先生方に『焦らず、ゆっくりで良いから確実に!諦めたらここで終わりですよ!』といつも励ましていただきながら、頑張っております。

レッスンの通い方も!『優先予約制度』があるお陰で、家庭(子育て)がある中でも無理なくレッスンを受けることができています。

卒業しましたら、主人と一緒に自宅でドッグサロンをやりたいと思います。

★トリミングサロン開業 川人 温子さん 54歳
B級(トリミング応用コース) 卒業

2017年1月8日、B級短期集中コースに入学。2017年6月卒業。
翌月7月トリミングサロン開業。


『夢は叶うもの!!』

駅からスクールまでの代官山の町並みや、おしゃれな人々・お散歩するワンちゃんを眺めながらの通学時間がまず楽しい!5分歩くとガラス張りの明るく美しいトリミングサロン、その中に教室があります。
現役トリマーである先生方が、丁寧かつ的確に教えてくださり、プロのお手本も見せてくれますので指導力の高さには感激でした。しかし、トリミングは思ったより難しい作業が多いので、あとは自分でスキルアップが課題でした。

代官山という土地柄、モデル犬にプードルが多く、初めのころはなかなか思う様にできませんでしたが、毎日毎日が大変勉強になりました。

私はペットショップに勤務した後、個人経営のトリミングサロンで修行し、その後大手の動物系専門学校を経て、ようやくこの『実技レッスン中心』の東京ペットビジネススクールに辿り着きました。

ずいぶん遠回りをしましたが、結局のところ切れるようになるには『実技の積み重ね』が一番の早道だと気が付いたので、ここでの少人数制レッスン・一人一頭担当制のレッスンは技術を確実に身に付けるのにとても有効的でした。

実はレッスンに通っている間に自宅の1階を早々にリフォームし、開業の準備も進めていました。あとは『切れる技術を身に付けるのみ!』と、早く実戦力を身につけたい…!早く切れるようになりたい…!早く開業したい…!と、半ば焦ってしまったこともありましたが、萩原社長の励ましや先生方の熱き指導が空回りする私にブレーキをキュッ掛けてくれ、学びの原動力になっていたと思います。

そしてようやく!トリマーを一人雇い、私はオーナー兼トリマーとして念願の自宅サロンを開業しました。

1日1日・1頭1頭真剣に学ぶことで『いつか夢は叶う!』と、自分を信じて歩んできたことに間違えはなかったと実感しております。

開業して数か月、お陰様で常連さんも増えてきました。
もっともっとお客様・ワンちゃんに喜んで頂ける地域密着のトリミングサロンになるよう、これからもここでの学びを忘れず精進して参ります。

Page Top